MENU

歯に着色汚れがつく原因

ステインは長年にわたる歯の汚れ、黄ばみとなります。
なかか取ることは出来ないので厄介なものなのですが、ステインが歯につき着色汚れを起こしてしまうのはコーヒーや紅茶、ワインなどの色の付いた飲み物を好み長年にわたり継続して飲んだことにより起こる場合やタバコを吸うことによりヤニが付着してしまうことにより起こります。
いずれの場合も年数を経て起こるものでいきなり色づくことはありません。
時間をかけて歯の着色汚れが起こるのです。
そのため、若い人よりも年配の人が悩むこととなることが多いのです。
歯の表目が白くるつるしているのはエナメル質があるからです。
エナメル質はぺリクルという唾液の薄い膜で覆われています。
このぺリクルがタバコのニコチンやコーヒーやワインなどのタンニンやカルシウムなどと結びつくことによって着色汚れが起こってくることになるのです。
この着色汚れであるステインは長年の食生活や生活習慣が起こしているので簡単には落とすことが出来ないのです。
ステインを落とそうと思って歯磨き粉などを使用しても即効性がないのはこのためです。