MENU

歯が汚れやすい食べ物

歯に着色汚れであるステインが付くのは食べ物や飲み物などの影響が大きいと言われています。
タバコや葉巻などのヤニなどでも着色汚れは起こりますが、口に入れるものという点で見ていきますとどのような食べ物や飲み物が着色汚れを起こしやすいものだと言えるのでしょうか。
基本的に着色汚れを起こすのは色の付いた食べ物です。
コーヒーや紅茶、コーラにウーロン茶、赤ワインにカレーライス、ブルーベリーに醤油やソースなどとなります。
これはステインではなくても即効で着色汚れにつながってくるものもありますので人前で歯を見せる場面が多い時などは控えるようにしたい食べ物や飲み物だと言えるのです。
また、着色汚れを補助する食べ物もあります。
食べたり飲んだりすることで歯のエナメル質に影響を与え歯が着色しやすいような状態を起こしやすくしているのです。
それらに該当するものは炭酸飲料やアルコール、スポーツドリンクにミカンなどの柑橘類、クエン酸や梅干しにお酢などとなっています。
これらの食べ物と着色汚れを起こしやすい食べ物を一緒に摂るのは最悪の組み合わせだと言えるのです。